心に残るありがとう体験談募集

ありがとう経営のすすめ

※第二回ありがとう体験談の申込み受付は終了しました



「縁」という言葉があります。
辞書をひくと「家の外側に添えた板敷」(今日の住宅事情ではなくなりつつある縁側のこと)、
続いて「人と人または人ともの事を結びつける不思議な力」とあります。

ある新聞の読者欄に「どこへいった、ありがとう」という投書が掲載されていました。
「ありがとう」がいかに少なくなったかを意味しています。
「ありがとう」は、人にやすらぎを与えてくれる言葉です。
ほっとした気持ちになります。人間関係の潤滑油となる言葉です。

言葉とは不思議なものです。命をもって生きています。
心やさしい、ありがとうに、人はどんな力づけられることでしょうか。
皆様の「心に残る、ありがとう!」体験をお寄せください。




第2回『心に残る、ありがとう!』体験談募集
■選考委員
   中西進(奈良万葉文化会館 館長)  山折哲雄(宗教学者)  夏樹静子(作家)
■応募要項
字数 1000字(400字詰原稿用紙2.5枚)以内
応募方法 郵送またはメール。なお応募原稿は返却いたしません。記載はボールペン、
もしくは万年筆でお願いいたします。鉛筆をご使用の場合は濃いめをご使用下さい。
送付先 〒102-0083 東京千代田区麺町3-5-2 BUREX麺町704
「心に残るありがとうキャンペーン」事務局宛
メールアドレス  taikendan@rinen-mg.co.jp
記入事項 氏名、住所、電話番号(携帯も可)、年齢、性別を必ず明記してください。
なおご提供いただいた 個人情報は選考及び結果通知以外には使用しません。
締切 2009年6月末日(当日消印有効)
最優秀賞1名・10万円 優秀賞2名・5万円を授与し、副賞として最優秀賞、優秀賞を受賞された 3名の方を2010年8月、4泊5日モンゴルの旅にご招待します。
現地では児童福祉施設「大地の家」を訪問します。
※なお、最終選考にノミネートされた全員の方を入選とし、賞状と記念品を贈呈します。
審査 審査委員による公開選考
審査日時 後日お知らせします。審査終了後、授賞式・祝賀パーティを行います。
掲載発表 受賞作品は、本誌2010年1月号に掲載します。
お問い合わせ先:「理念と経営」編集部 TEL03-5211-1751
主催「心に残るありがとうキャンペーン」事務局


心に残るありがとう 体験談募集のポスターを応募する(無料)

すべて必須項目になります。
■法人名 
(例)株式会社日本創造教育研究所

大きい画像はこちらから

■役職 
■お名前
(例) ありがとう 太郎
■郵便番号 -
■住所
■電話番号
(例)06-6000-7000(半角英数字)
■e-mail
(半角英数字)
■e-mail (確認)
再度ご入力ください(半角英数字)
■数量  


在庫がなくなり次第、終了させていただきます
しばらく経っても返信が届かない場合は、何らかのエラーの可能性がございますので、
  お手数ですがもう一度フォームより送信頂くか、直接メールをお送りください。
■こちらからどうぞ






HOMEありがとう経営とはありがとう経営実践企業紹介ありがとう経営を支援するツール13の徳目お申し込み特定商取引法に関する表示

Copyright c ありがとう経営のすすめ All Rights Reserved